付き合うとフットワークが重くなる件

私は本当に面倒くさがりの怠け者だ。
休みの日に外に出るのは、本当は心の底からしんどい。

週休2日で土日休みだったら、極力日曜日は家から出たくない。
祝日は、もちろん絶対出ない。
家から出て移動して、また家に帰る労力を考えると、家にいてフリーダムを味わっていたい。

でも友達と飲みに行くならどこへでも行く。
むろん、行くまでは億劫だが、行ってしまえばとても楽しい。
友達と楽しく酒が飲めるのだから、こんなに幸せなことはない。

好きな人と出かける、という時もわりと身軽に出られる。
これももちろん、行くまでは最高に億劫だ。
でも行ってしまえば、好きな人の顔が見られるのだからそれはそれで楽しい。

何より、「好きな人」という段階では、まだ自分の身近にはなっていない。
その人のことをもっと知りたいとか、もっと自分のことを知ってほしいというプレゼンテーション段階だから、否が応にも営業力が増している。
だからフットワークも軽くなるというもの。
と、ここまでは万事オッケーだ。

ところが、その人と付き合ってしまうと途端にフットワークが重くなる。
これは一体何故だろう、と分析してみる。

これはあくまでも個人的な意見だが、付き合うと私は非常に家族に近いものを感じてしまうようで、だったら家にいてもいいだろう、とどうやら脳と身体が思うらしい。
だから極力家で時間を過ごしたい。
家で一緒にテレビを見たり、それぞれ好きに読書したり、昼寝したり、というのが最高に楽しい。

でもなかなかこの楽しさを分かってくれる人がいないので、結局わがままで怠惰だというレッテルを貼られることになる。
付き合っている意味がない、と言われたこともある。

確かにそんな意見もあるだろうが、あなたと常に同じ空間にいたいと言っていることの何がそんなに不満なの?
確かに干渉を控えた距離感を私は好むけれども、それが長続きの秘訣ではないの?
と、次の機会があったら言い返してやろうと思っている。

無修正動画のサンプル多数
無修正動画と裏DVDのサンプル動画サイトを集めたアダルト動画サイトリンク集。常に最新版を掲載中。
dougahakkutsu.com/

«
»