年下の彼とのなれ初め

低血圧の私は毎朝早めに起きてしっかりと朝食を食べる派です。
食べていないと一日がうまくスタートできません。

そんなある日、いつもはとっくに家を出る時間に目が覚めて、「遅刻だ!」って慌てて飛び起きて何も飲まず食わず、顔だけ洗ってメイクもせずマスクで顔を覆い隠して駅まで猛ダッシュ!
なんとか電車に滑り込みました。

案の定気持ちが悪くなってきて「ヤバイな~」って思っていたんです。
必死で耐えて無事に目的駅まで到着し、BCAA飲まなくちゃ!って自動販売機まで歩こうとした矢先、転地がひっくり返りました。

直下型貧血とでもいうのかな?一瞬で意識が薄れ膝下ガックンって倒れこむ寸前、会社の後輩が抱きかかえてくれました。
それまで年下なんて~と思って恋愛対象に考えたこともなかったのに、その日からグンと距離が縮まって交際スタートしました。

年下でも男性だからやっぱり頼もしいですね!
私のほうが2つ年上だけどどっぷり甘えちゃっています。

«